ICOって何?

ICOって何?

ICOっていう言葉をよく聞きます。



ICOって一体何?って気になっていた方も多いですよネ。



ICOは、

  • Initial    ……  初期の、新規の
  • Coin     ……  コイン(ここでは仮想通貨)
  • Offering  ……  募集

の略です。



上場前に仮想通貨の出資者を募集することをICOと言うんです。



株の世界でも「新規上場株式」の募集ってありますよね。



上場する前に、公開予想の金額よりも少し安価に購入できる場合があり、

上場すると、通常初音はその金額を超えることが多いので、新規上場株を

手に入れた方はそれだけで利益を得ることが出来ます。



これはあらかじめある一定量の株主を集めることが目的なのですが、

出資者側からすれば、利益が上がることが分かっている投資になるので

人気が高いのです。



同じ様に仮想通貨の世界でも、上場する前に出資者を募る方法が

ICOになるのです。



仮想通貨の開発にかなりの資金を必要とするためICOによって

資金を調達出来るのは開発者側からすると非常にメリットがあることが分かります。

ICOのメリットとは

ICOには仮想通貨の開発者と出資者両方にメリットがあります。

 

 

 

開発者のメリットから見ていきましょう。

 

 

 

上にも書きましたが仮想通貨の開発には多額の資金が必要です。

 

 

 

もちろん上場すれば多額の資金を調達できる訳ですが、

 

そのためにも当然コインが要ります。

 

 

 

そのコインの開発にお金がかかるので、本来なら最初からお金を持っている

 

一部の人しか開発が出来ない訳です。

 

 

 

それが良いアイデアさえ持っていれば、上場前にこういうコインを開発するから、

 

欲しい人は事前に登録して出資してねと呼び掛けることで初期費用が

 

調達できる訳です。

 

 

 

次に出資者側のメリットを見ていきます。

 

 

 

出資者からすれば、上場した場合の値上がり益が狙えます。

 

 

 

ただ購入すれば、上場時に値上がり益が狙えるのですから、

 

全く労力をかけずに収益が生み出せるわけです。

ICOのデメリットとは

ではICOにはデメリットはないのでしょうか。



これも開発者側と出資者側にそれぞれデメリットがあります。




まずは開発者側のデメリットですが、ICOをするにしても

準備に費用が掛かります。



そして、良い仮想通貨でないとICOをしても

予定している出資金額が集まらないケースもあります。



以前はアイデアだけでもお金が集まりましたが、

今はある程度上場の道筋が見えていないと

資金調達が上手くいかないのです。



出資することで得られる魅力を出資者に伝えることが出来ないと

資金調達もできないというのが実態です。



次に出資者側のデメリットを見ていきます。



一番大きなデメリットは上場しないと換金が出来ないという点です。



また詐欺の様に最初から資金を持ち逃げするためのプロジェクトも

あったりするのが実情です。



上場どころか仮想通貨自体が出来ないこともあり得ます。



そういう場合も、基本的にはお金は帰ってきません。



そして、最近大きくなっているリスクとしては、

上場しても必ずしも想定した値上がりがないことです。



2018年もたくさんのICOが企画されています。



ICOについてはこういったメリットデメリットを踏まえて投資する必要があります。
page top